中国のCtripのクレジットカードが日本に到着

- May 15, 2019-

Ctrip.Com International Ltdは、中国のオンライン旅行プラットフォームで、さまざまな旅行サービスを提供しています これらの中には、彼のクレジットカードがあります。これは最近、国内市場の外で出現する同社の最初のクレジットカードになりました。

特に、 Ctripのクレジットカード日本市場に参入しました 会社の選択はまた国の観光市場を利用するためになされた。 Trip.comグローバルカードカードは、CtripがUnionPay Internationalおよび日本最大のクレジットカードサプライヤの1つである三井住友カード協力した結果です。

これらの事業は、Ctripの新しい国際的ブランドであるTrip.comブランドの下で行われます。 Trip.comは昨年日本で運用され、日本の顧客に世界的な旅行商品を提供しました。

Ctrip.Com Internationalの社長、Jane Jie Sunは、Ctripの目的は「世界規模で旅行商品を提供すること」であると述べました。

クレジットカードは6月6日にUnionPayブランドでリリースされ、ホテルの予約およびその他の割引はTrip.comウェブサイトを通じて提供されます。 目的は「 100万枚以上のカード 」を発行することです。

Ctripによる日本の選択は、日本の観光市場の予測も見ることによって行われました 確かに、業界調査会社Phocuswright Inc.のデータによると、日本のオンライン旅行市場は2020年までに年間15%成長すると予想されています。

三井住友カード社長の久保健氏は、次のように述べています。「2015年に訪日した観光客の数は、アウトバウンド観光客の数を上回りましたが、海外旅行客の数は減少しませんでした。 これらのクレジットカードを使って、日本人観光客にサービスを提供することができます。」

当初 、Ctripは日本を訪れる中国人観光客にサービスを提供するために東京に事務所を開設しました。 今、状況は変わりました。