香港、ADBは2018年に3.2%の経済成長を予測

- May 16, 2019-

2018年は3.2%増。 これらは香港のアジア開発銀行(ADB)が公表した予測です。 2017年の3.8%と比較しても、明らかに重要な数値ですが、2016年に記録された2.1パーセントポイントを明らかに上回っています。

ADBのチーフエコノミストである澤田康之氏は、同行の年次アジア開発展望の刊行物を発表し、2019年までの成長率を分析したと発表した。 来年のADBによると、香港の経済成長率は年間約3%になるはずです。

成長の理由は2017年のエクスプロイトでも探る必要があります

推計によれば、2018年の間に香港で起こる大きな成長は、2017年の経済的実施にそのルーツを見いだします 。主な理由は、確かに国内市場 、狭い労働市場、観光の回復

年間のさまざまな時期に生理学的な緩和があるとしても、これらが動機となります。 グレーターベイエリア広東 - 香港 - マカオの統合も重要です。 澤田康之氏は、グレーターベイエリアの他の都市で成長しているサービス産業との競争に直面するのではなく、広大な人的資源へのアクセスを容易にすることで恩恵を受けると述べた。