香港:犬と猫には保険がかかる

- May 15, 2019-

犬や猫のような動物保険は、自分自身が獣医から多額のお金を使わなければならないと感じる所有者を助けるのに役立ちます。 例えばロンドンでは、この慣例が広く使われており、ロンドンの犬や猫の20%もの人が保険に加入しています。

代わりに、 香港では、約100万人の犬と猫が飼われていますが、これらの動物のうち3%しか動物保険に加入していません。 その保険商品がペットから旅行まで及ぶOneDegreeは 、この機会を利用することに決めました。

SCMPへのインタビューで、OneDegreeの共同創設者兼最高経営責任者であるAlvin Kwock Yin-lun氏は、次のように述べています。「香港ではペットとして飼われている犬と猫は510,000人を超えます。 。 これはスウェーデンでは30パーセント、イギリスでは20パーセント、そして日本では10パーセントをはるかに下回っています。 多くの人がペットを家族の一員として飼っています。 香港の人口の高齢化は、犬や猫を仲間として飼う人が増えることを意味します。

さらに、データは心強いものです。 実際、香港の犬や猫の人口は過去10年間で60%増加しています。 「私たちはペット保険の需要が非常に大きいと信じています」とKwock氏は言います。

保険料に影響を与える要因は、動物の特定の品種、健康歴および補償範囲によって異なります。

OneDegree の目標は、この市場空間を活用し、犬と猫の保険のリーダーとしての地位を確立することです。 「私たちは、ペット、車、旅行、その他の商品を販売する一般保険免許を求めて、香港で最初のオンライン保険会社になることを切望しています」とクウォック氏は言います。

さらに、OneDegreeの目的は、長い行と簡単な操作を行うための待ち時間を避けるために、専用のAppを作成することです。 OneDegreeの最高経営責任者(CEO)は、「最高30〜90日かかる従来の方法よりも速いペーパーワークや、クレームプロセスを完了するのに大量のペーパーワークをせずに、1日以内にクレームを処理できる」と述べた。