野村、多国籍証券会社は中国で持株会社を作成する準備ができて

- May 15, 2019-

日本の東京で日本橋地区を拠点とする日本の大手多国籍コングロマリットである野村は、中国がタイトルでの市場アクセスを促進した後、中国で持株会社の設立を計画した最初の外国事業者となりつつあります。

同社は新会社の持株の51%を取得することを目指しており、そのためにすでに中国の最高管理機関である中国証券監督管理委員会 (CSRC)に申請資料を提出しています。

CSRCのスポークスマンGao Li氏は、次のように述べています。「CSRCは、関連する法律およびコンプライアンス規制に基づいて、そして効率的な方法で野村の申請資料を審査します。」

CSRCはすでに外国人投資家に開放するための正確なガイドラインを提示しています

外国人投資家への開放性の観点から、CSRCは4月末に正確な指針を発表し、保有状況のある証券取引の交渉が可能になりました。 金融部門における中国の重要な開口部

中国の主要経済学者としてすでに華泰証券の元チーフエコノミストであるLu Ting氏をすでに任命している野村氏に加えて、中国の開会式は国際的に重要な名前を引き付けた。

例えば、国際投資銀行UBSは、中国市場で最初に完全に認可された外資系企業である、UBS証券株式会社を拠点とする中国での合弁会社への出資を増やすことを決定しました。