中国、消費がGDP成長率の80%を占める

- May 14, 2019-

中国経済は、これまで以上に決定的な要因、すなわち消費によって動かされているようです。 この数字は国内のGDP成長率のほぼ80%を占めるまでに成長したと言えば十分でしょう。 この数字は、中国開発フォーラム2018の特別セッションで確認されまし

現時点では、中国経済は資本と貿易の貢献にあまり依存していません さらに、会期中に、消費者市場は国の経済成長をさらに高めると予測された。

中国における消費の役割は、過去7〜8年間で劇的に変化しました

中国のGDP成長率における消費の役割は 、過去7年間から8年間で劇的に変化しています。これまでの貢献は50%未満でした。

中国国家統計局のスポークスマン、 毛沢東 は、内需が中国の経済成長の決定的要因であり、消費がこの分野で重要な役割を果たしていることを明らかにした さらに、消費市場の更新は中国を国内の経済発展に向かわせています。

中国の裕福な人々のグループはより高い消費に向かって動いています

中国の大手飲料会社であるHangzhou Wahaha Groupの社長兼CEOであるZong Qinghou 氏は、3億から4億人の中国人の間で比較的裕福な中流階級の収入があると述べた。

そういうものとして、 この人々のグループはより高い消費向かって発展しており、そして今度は中国の消費者市場は増大する可能性を持っています。