JPモルガン、中国市場に参入したい

- May 15, 2019-

中国市場を対外投資に開放するための改革のプロセスはまだ終わっていないが、それでも大企業はすでに中国市場に参入することに興味を持っている。 JP Morgan Broking(Hong Kong)Limitedはそのうちの1つです。 同社は1982年に設立され、その事業分野は証券の購入、売却、仲介を含んでいます。

JP Morgan Broking(Hong Kong)Limitedは、中国で過半数所有証券会社を設立することを申請しており、中国証券監督管理委員会(CSRC)の広報担当Gao Li氏によると、同社は新会社の株式の51%保有する予定である。 これを行うために、会社は申請資料をCSRCに提出しました。

スイスのUBSは、事業への出資比率を51%に引き上げることで、中国での合弁事業の支配を求めると述べた。

Gaoはまた、中国市場への参入を希望する外資系企業の標準的な手続きは何かを明らかにしました。 実際には、声明の中で、CSRCは準拠法の準拠法に従って申請資料を審査し、その後その回答を提供すると述べました。

すでに述べたように、おそらく現在の関税戦争に牽引されて、中国は外国からの投資を受け入れ始めています。 この開始により、外国人投資家は証券取引会社を保有することができます。

野村は中国で持株会社の設立を計画した最初の外国人事業者になりつつあります

しかし、JP Morgan Broking(Hong Kong)Limitedは、中国市場に参入したい最初の企業ではありません。 UBS野村はすでに、シェアの51%を占める外資系企業として中国市場に参入するための最初のステップを踏み出しました。