中国の消費者主義の40年の上昇

- May 17, 2019-

中国の黄道帯によると、2018年は犬の年ですが、それはまた、世界貿易に国境を開いた1978年の中国の経済改革の40周年を迎えます。 40年前、中国市場で入手可能な製品は、消費者の欲求を刺激したり満足させたりするためにはそれほど役に立ちませんでした。 今日、中国には海外から輸入された豊富な基礎雑貨と高級品があり、中国の消費者は世界経済成長の最も強力な推進力の1つと考えられています。

中国の消費者の可処分所得が増加するにつれて、輸出に対する輸入の比率は順に着実に上昇しています。 先週の金曜日に落ちたチャイニーズニューイヤーは、中国の市民が祝賀のためにかなりの量の贈り物や食べ物を通常購入する時です。 ヨーロッパから中国へ戻る列車の数が過去4年間で毎年3倍になったため、今年のフェスティバルはこれまで以上にグローバルになったと考えても安全です。 ヨーロッパと36の都市を結ぶ38の中国の都市を結ぶ路線で、年間およそ1,000本の列車がヨーロッパと中国を行き来しています。 それは2011年から2018年の間の7000列車です - 中国の消費者習慣がますます世界的になりつつあるというサインです。

電子商取引も支出の増加を促進しています。 ショッピングプラザを訪れるのではなく、中国の消費者は世界的に調達された商品を記録的な速さで受け取ることで、eコマースの巨人の高度な物流を楽しむことができます。 ドラゴンの電子商取引輸入は2017年に116.4%増加して8.76億ドルに達した。 輸入は輸出を上回り、輸出は約40%増加した。

自由市場経済を促進し、両方向の貿易を拡大するための継続的な努力の中で、中国は昨年187製品の輸入税を引き下げました。 平均税率は17.3から7.7%へと約10ポイント低下しました。

消費者支出の重要な要素が中産階級の可処分所得であることは秘密ではありません。 中国の中流階級は世界最大で、人口の約3分の1、つまり3億人を占めています。 中国の経済アドバイザーは将来の支出予測を作成するために中流階級の購買動向を観察します。 商務副大臣Wing Bingnanは、「今年の休日の重要な用語は、より質の高い製品とサービスが人気を集めている「消費の向上」になるだろう」と述べた。

国家統計局のスポークスパーソンであるMao Shengyong氏は、この傾向は経済全体の変化を促しており、非常に重要であると述べた。 NBSによると、消費は中国の成長の主要な牽引力であり、2017年のGDPに58.8%寄与している。

中国の中流階級の強さに関する報告は、単に国境内でのものではありません。 国際的な調査会社マッキンゼーは、中国の消費者信頼感が10年ぶりの高水準を記録したと発表した。 同社は、この変化が若いデジタル世代の電子商取引習慣によって引き起こされていると示唆しています。

農村人口はまた田舎と都市の消費者間のギャップを縮めています。 2017年の消費財の小売売上高は11.8%増加しましたが、都市部では10%の増加でした。 さらに、Alibabaは、人口の10%以上がEコマースの売上に関わっている2,118の淘宝網の村または地方自治体の事業を報告しました。