中国旅行の巨大なCtripは世界的になりたいです

- May 15, 2019-

中国最大のオンライン旅行サービスプロバイダーであるCtripは、 Trip.comブランド使用して海外市場での関連性を高めたいと考えています。 中国本土からの旅行者は、 昨年 、全国のほとんどで1〜3 千万の旅行をしたと計算して、Ctripはそれがより大きな利益を狙うことができることを知っています。

目標は 、最近買収したTrip.comブランドを使用して市場に参入することにより、今後5年間で海外の顧客からの総収入の 2パーセントから少なくとも20パーセントに増加させることです。

James Liang Jianzhangのインタビューでは、「旅行市場はグローバル市場だ」と述べた。

Ctripの会長兼共同創設者であるJames Liang Jianzhang氏は、インタビューで次のように述べています。 ただ1つの市場をやっているのであれば、競争する規模の経済を実現することはできません。 あなたが(市場で)プレーヤーになりたいなら、 あなたはあなたの競争相手と同じ規模に到達しなければなりません - 暑い目的地は暑い目的地です、そして旅行は勝者になるでしょう最後にすべてのゲームがかかります」。

Ctripは、世界中の2,000以上の旅行先で100万以上のパッケージツアー商品を提供していますが、 今やExpediaのような競合他社に勝ちたいと考えています。

中国人旅行者は、2020年までに年間2億人以上の往路旅行をすると予測されています。

8つの言語で利用可能なTrip.comは 、非中国市場への参入において重要な役割を果たすことが期待されています。 さらにCtripによると、Trip.comでの予約取引は100%増加した。

しかし、Trip.comは中国企業の最新の購入品にすぎません。 実際、Ctripは、2016年に英国を拠点とする旅行検索エンジンのオペレータであるSkyscannerを17億米ドルで買収し、「グローバル規模でのCtripのポジショニングを補完しました」。

Ctripの最高財務責任者であるCindy Wang Xiaofanは、Ctripが中国で運営する中国の旅行代理店3社を買収し、インドのオンライン旅行代理店であるMakeMyTripに1億8000万ドルを投資したと語った 「スカイスキャナーとTrip.comの支援により、Ctripは世界中の中国人以外の顧客にサービスを提供するための強固な基盤を確立しました」と彼女は言いました。