中国が非上場企業のランキングを発表:Huawei Domain

- May 14, 2019-

中国最大の民間企業500社のランキングが発表されました。 ランキングをリードすることは、言うまでもありませんが、 電気通信機器Huawei社の巨人です。 ビジネスのしっかりした発展、 蘇寧電子商取引会社を考えると、従うこと。

この特別ランキングは、 全中国工業貿易連合 (ACFIC)が作成したもので、 中国北東部の遼寧省の首都、瀋陽開催された2018年の中国首脳会議で発表されました。

9大民間企業からの収入は3000億元を超えました

具体的には、 2017年の9大民間企業の売上高が3,000億元(440億ドル)を超えたことがわかります。 これらの企業には、(順に)Huawei、Suning、Amer International、JD.com、Weiqiao Pioneering Group、Legend Holdings、Evergrande、Gome Holdings、Hengli Groupが含まれます。

しかし、世界ランキングでは、 最初の500のポジションに配置された61社ほどの企業が昨年の売上高が1000億元を超えています。 2016年を参照したレポートよりも11多い。

国内トップ500社に入るためには、156億8000万元以上の売上高が必要です。

ACFIC副会長のHuang Rong氏は、「中国の民間企業は2017年も健全な発展の勢いを維持し続けている」と述べ、民間企業は着実に産業構造を最適化していると付け加えた。

中国企業にとって重要な一歩前進は、中国のトップ500に上場する予定で、売上高は156億8000万元を超えました 実際、これらのうちの18社は、2016年の17社と比較して、世界でトップ500社に入っています。