中国、2035年までに216の新空港

- May 13, 2019-

中国政府の輸送プロジェクトはより野心的になっています。 最近のニュースとして、中国政府が2035年までに216の新しい空港を建設する一方で、いくつかの地域交通ハブを開発するつもりであることが最近のニュースです。

2018年10月に中国が234の民間空港を頼りにすることができれば、それは2035年までに約450の空港を頼りにすることができることを今望んでいます。 )

空港での乗客の需要は世界旅行の4分の1を占めます

中国人の新たな目標は、将来の中国人旅行者を支援する必要性からも生まれています 中国では世界全体の4分の1を占め、2035年までに米国のそれを超える旅客輸送の需要からニーズが生じています。これらすべてが、中国を世界最大の旅客航空市場にするでしょう。

世界クラスの空港は、 揚子江デルタ地域 、北京 - 天津 - 河北地域、広東 - 香港 - マカオ湾地域、および重慶と成都の各地区に建設されます。

2020年には、旅客数は7億2000万人に達するでしょう

政権の開発計画部長のDong Faxin氏は 、次のように述べています。「サービスは大幅に向上しましたが、既存の空港では十分とは言えず、全国に偏在しています」。

2017年の数はすでに多く、今年の中国の空港では5億5200万件の旅行があり、その数は2020年までに7億2000万人に増加すると予想されています。