Kingsoft、Microsoftのチャレンジャー、上海の新技術委員会に上場予定

- May 12, 2019-

Kingsoftは、北京、成都、大連、珠海に研究開発拠点を持つ中国のソフトウェア会社です。 Microsoftの中国のライバルである同社は最近、中国の株式委員会への新規上場のためにIPO文書を提出した。 目論見書によると、この取引で、中国企業は発行総額の21.91%に相当する少なくとも1億1000万株で21.5億元(約3億ドル)を調達する予定です。

中国には世界最大のテクノロジー企業がありますが、その多くはアメリカや香港に上場しています。 中国の大統領が昨年11月に発表したように、 上海の新しいナスダックスタイルの技術委員会は6月の初めに発売されるかもしれません。 中国は株式市場部門で大きな変化を遂げる準備ができており、上海の取締役会の主な目標はニューヨークや香港との競争であり、北京はハイテク生徒のための資金調達を目指しています。

新しい技術委員会はすでに江蘇省、湖北省、山東省、浙江省、広東省と上海に拠点を置くいくつかの会社を上場しています。

どんな計画ですか? 「科学技術イノベーション委員会」は、 中国 のハイテクおよび革新的新興企業への国内資金援助を提供する中国の重要なイニシアチブであり、「新メイドインチャイナ」製品がマイクロチップなどの分野で世界レベルで競争できるようにする。自動運転車とオートメーション。 しかし、新しいハイテク委員会は中国の株式市場のより良い環境への投資家 - 中国人と外国人の両方 - への明らかな反応です。

新しい資金で、WPS Officeパッケージ( Microsoft Officeスイートに代わる無料のパッケージ)には、 いくつかのソフトウェアアップデートが含まれます さらに、この資金は、人工知能の研究やクラウドベースのオフィスサービスの研究開発にも使用されます。

WPSは中国政府機関によって広く使用されており、同社はPC広告でサポートされている無料版も提供しています。

WPS Officeの普及を理解するために 、同社は外務省を含む70以上の中央省庁と3分の2以上の自治体政府機関が有料顧客のリストに載っていると言ったと考えてください。 工業商業銀行(ICBC)やState Grid Corporationなどの国営企業もこのリストに含まれています。

IPOリポジトリ の主要顧客 中には 、2018年に1億5,700万人民元のサブスクリプションを持つAlibabaを見つけることができます。一方、Tencentは、2018年にシーズンチケットに2,050万人民元を費やし、5番目に大きな顧客です。

Kingsoft は2018年に11億1300万人民元の収益を報告し、前年の753億人民元と比較して50%増加した。 2018年の純利益は、前年同期比45%増の311百万人民元で、売上総利益率の86.7%を占めた。

1988年に国内初のプログラマーの一人であるQiu Bojunによって設立された同社は現在、12.0%のシェアを持つLei Junによって管理されています 彼女は1992年に技術者として北京を拠点とする会社に入社し、スマートフォン会社Xiaomiを設立した1年後の2011年に取締役会の議長を務めました。