カンファレンス:地域統合を促進する「SCO Plus」モデル

- May 11, 2019-

6月のアスタナ首脳会議での上海協力機構へのインドとパキスタンの追加についてコメントし、学者たちは最近の会議で組織を拡大することで地域統合を進めながら二国間および多国間の協力を促進することに同意した。

9月11日から12日まで上海で第13回中央アジア国際会議と上海協力機構が開催されました。 上海政治科学法大学(SHUPL)、中国SCO国際交流司法協力研究所(CNISCO)、上海国際文化協会、上海社会科学院のSCO研究センターが共催しました。サイエンス(SASS)。

2001年の設立以来、SCOはさまざまな分野で目覚しい進歩を遂げ、最初の拡大は組織を新たな段階へと導きました。 今後、組織が直面している大きな問題の1つは、SCOの目的、計画、ビジョンを世界に示しながら、加盟国の利益を保護するためにどの協議メカニズムを構築するべきかを決定することです。

CNISCOのチーフスペシャリストでSASSのSCO研究センター長であるPan Guangは、「SCO Plus」の対話と協力モデルを議題に含めることを提案した。

現在、SCOは8人の正会員、4人のオブザーバーと6人の対話パートナーで構成されています。

将来的には、より多くの国がSCOに参加することを望んでおり、組織は「BRICS Plus」モデルを利用し、テロ、エネルギー安全保障、環境保護などの問題に関心を持つ国々と協力して、外です。

中国社会科学院中国国境地帯研究所の所長であるXing Guangchengは次のように述べています。

拡大はまた新しい挑戦と機会を意味します。 学者たちは、SCOは「上海の精神」を遵守し、加盟国間の信頼を深めるだけでなく、経済協力を着実に進めるべきであると述べた。

復旦大学のロシア・中央アジア研究センター長であるFeng Yujunは、中央アジアは将来的には多様で開かれた地域になるだろうと述べた。 経済協力を推進する一方で、SCOは他の国際機関や、米国やEUのような非加盟国と力を合わせることを検討すべきだ、とFengは述べた。

インドとパキスタンが合流した今、SCOは4つの沿岸国と4つの内陸国で構成されています。 SHUPLの国際研究行政学部長であるYuan Shengyuは、SCOは制度の構築と相互に有益な海上協力を強化するための機能の拡大に焦点を当てると述べた。

SCOメンバーは海上協力、特に港湾協力に従事する需要と意欲が高まっている、とYuanは述べた。 特に東アジアの内陸国は、海経由で輸出することによって、外部との経済的接触を強化することに熱心です。 海洋水路建設に関する協力もまた、21世紀海事シルクロードの成功した実施のための重要なリンクになるだろう、とYuanは付け加えた。