中国、製造業セクター:4月の低成長

- May 12, 2019-

国の製造業部門の購買担当者指数は4月に50.1に達した

中国の製造業部門は成長を続けていますが、成長は緩やかです。 実際には、最新のデータによると、 中国の製造業の成長は4月緩和されているが、拡大賃料の範囲内で推移している。

最近の全国統計局のデータで確認されているように、アジアの製造業部門の購買担当者指数は4月に50、1とやや下がった。 3月で50.5。 50以上の読みは覚えておくべきであり、拡大を示します。 以下では、それは収縮を反映しています。

数字は3月よりわずかに低い

NBSの上級職員Zhao Qingheは声明の中で工場の活動は着実に拡大し続けており、生産と新規受注のサブインデックスはそれぞれ52.1と51.4であると述べた。 測定値は 3月のものよりわずかに低いが、第一四半期の平均より高い。

趙氏は、「 市場の需要が安定した生産成長を推進している 」と述べた。 当局者はまた、ハイテクや設備の生産など、一定の業績に貢献している新興分野での力強い成長があるとも付け加えた。