世界銀行、中国のGDP成長予測を発表

- May 16, 2019-

世界銀行によると、中国のGDP成長率予測は予想以上に高い。 実際、世界銀行は今年1月の中国のGDP成長率予測6.5%に引き上げ、前回の1月の6.4%から上昇させた。 東アジアおよび太平洋地域の最新の成長予測に関する中央銀行による分析でも、中国は経済再編において著しい進歩を遂げたと述べた。

レポートによると、「2017年の予想を上回るスピードで成長した後、2018年には景気の回復と景気回復を重視した政策により投資と国内消費のバランスが崩れ、中国は6.5%まで緩やかに減速すると見込まれる。成長の質」。

さらに、上海証券のチーフエコノミストである胡悦夏Hu Yuexiao )は、基本的な傾向は「安定した成長の向上」となるだろうと述べた。 GDP成長率はそれほど上昇していませんが、成長の質は向上しています。 投資が安定し、企業の利益水準が上がるにつれて、市場は自国経済に自信を持つようになるでしょう」。

国家統計局は、中国経済の堅調な成長が世界経済の回復を押し進め、他の国の人々に前例のない開発機会を提供するのを強力に助けるだろうと述べた。

世界他の地域との差を見つけたい場合、この期間の中国の年間平均GDP成長率は7.2%で、米国、ユーロ圏経済、日本のそれをはるかに上回りました。


世界銀行が予測した予測が正しければ、世界経済成長への中国の貢献は34%に達するかもしれず、それは全世界GDPの15.3%を占めるでしょう。


NBSによると中国は他国の企業も支援している。「先進国からの企業がますます中国市場に参入し 、巨大な利益を上げ、中国側との協力を強化した」。