Magna、中国でのNEV生産に関するBAICグループとの合意

- May 15, 2019-

中国最大の新エネルギー自動車(NEV)メーカーである北京汽車集団(BAIC Group)は、 カナダのMagna International と契約を締結し この契約の目的は、中国でNEVを設計および製造するための2つの合弁会社を設立することです。

自動車は2020年に組立ラインからロールオフされ、年間生産能力は18万台に達すると予測されています。 MagnaのCEO、 Don Walkerは次のように述べています。 我々は初めて、オーストリアの自動車製造施設全体の外で設計および製造された自動車を顧客に提供します。

新しい合弁会社は、中国東部の江蘇省鎮江市にある既存のBAIC製造工場を買収する予定です。

BAIC Groupの会長である Xu Heyiは 、この合意が両社に有利に働くことを確認しています。「一緒に私たちは新世代NEVの研究開発に専念し、NEV業界の革新と製造を新しいレベルに引き上げる」。

Magna International Inc.は、オンタリオ州オーロラに本社を置くカナダのグローバル自動車サプライヤです。 2014年に、Magnaは北米で最大の自動車部品メーカーとなりました マグナは340以上の製造業務と93の製品開発を行っています。

自動車製造者協会の専門家によると、中国のNEVの数は2020年までに500万に達すると予想されており、汚染も減少しています。