中国、外務省:外資系企業は領土保全を尊重しなければならない

- May 14, 2019-

中国外務省のスポークスマンであるGeng Shuangは、 一部のアメリカの航空会社が台湾のWebサイトでの参照を変更したことを明らかにしました

この点で、スポークスマンは、そのような状況を避けるために、彼らが国で活動するとき、 政府が外国企業に中国の主権と領土の完全性を尊重することを要求するべきであると言いました。

中国民間航空局は、その一部として、 4月に44の外国航空会社に正式な通知を送り、ウェブサイトを変更して台湾を中国の一部としてリストするよう求めた。

Geng: "私達はまた彼らの合法的な権利と利益を保護します"

「中国は、開発の機会を外国企業と共有し、中国への投資歓迎しています 」とGeng氏は述べました。

しかし、Gengは外資系企業に対し、「中国の法律と規制、主権と領土の保全、そして中国国民の感情を尊重する」ことを強く要求しました

我々はまた 、法律に従って彼らの正当な権利と利益を保護し 、彼らの活動に公正な環境を提供するでしょう」と彼は言った。