インド、アジア太平洋地域におけるグリーン投資:IFCは機会を予測

- May 13, 2019-

世界銀行グループのプライベートエクイティおよびベンチャーキャピタル部門であるInternational Finance Corporation(IFC)の予測と調査によると、 2030年までに全世界で都市化する面積の60%はまだ建設されていません このため、再生可能エネルギーから電気自動車まで、29.4兆米ドルの気候関連投資が可能になります。

International Finance Corporationの東アジアおよび太平洋地域担当地域ディレクター、Vivek Pathak氏は、次のように述べています。

予測だけではなく、実際、2018年度に74カ国に投資した233億米ドルのうち、IFCの投資は36%を占めました。

たとえば、過去6年間にアセアン諸国に注力している投資総額が100億ドルの東京のMUFGは、気候ソリューションデータベースから37株の株式を特定し、その時価総額は最低でもイノベーションが都市の働きを良くしている分野で5億米ドル。
MUFGのシニアエグゼクティブオフィサーでアジアのリージョナルエグゼクティブである二枝貴義氏は 、次のように述べています。「私たちは環境問題に非常に取り組んでおり、私たちの強みはプロジェクトファイナンスにあります」

中国南部の都市シンセンには、世界初の全電気式公共バスがあります。

IFCの「都市における気候投資の機会」レポートによると 、北京で1日5000万回の自転車旅行が行われ、2030年には中国全土の100人に3人が電気自動車を所有するはずです。 Brexitと進行中の米中貿易戦争は、今後のグリーン投資に問題をもたらすべきではありません。

パタク氏は、次のように語っています。 明らかに政府には十分な大きさの貸借対照表がない」と彼は言った。 「私たちが事業を展開しているほとんどの国の銀行セクターは、それ達成するのに十分な大きさではありません。そのため、海外からさらに多くの機関投資家を募る必要があります