アップル、下方予想の裏に中国がある

- May 13, 2019-

アップルは2019年の初めを迎え、国際市場に打撃を与えました。 実際、 Cupertinoの住宅は第1四半期の売上高の見積もり下方修正し、840億ドルに設定しました。 アナリストが予想する910億人をはるかに下回っています。

説明を求めたAppleは、中国の弱さと国内でのiPhone販売の減速に指を向けて答えた 実際、中国経済は2018年後半に減速し始め、GDP成長率は過去25年間で2番目に低い数字となりました。

クックはアップルがボイコットの犠牲者であるかもしれないという恐れを一掃しようとしました

「不透明感の高まりは金融市場に重きを置いていますが、 その影響は消費者にも及んでいるようですが 、当四半期の進行に伴って当社のショップおよび中国のパートナーのトラフィックは減少しました」とTim Cookは強調しています。

クックはまた、 Appleが米国との緊張のために中国でボイコットの犠牲になるかもしれないという恐れを一掃しようとしました。

最初の予測から60日に達する見積もりの削減で、タイミングは驚くべきものです

市場を揺るがすことに加えて、驚きの発表はCupertinoの能力についての疑念をかき立てています。 実際、見積もりの削減が、同社が発表した前回の予測から60日しか達成されていないことは、何よりも重要です。

「60日前の第1四半期の見積もりについて話したとき、今年の最初の3か月はマクロ経済的要因の影響を受けることがわかっていました」と、 AppleのCEOは投資家への手紙で説明しています。