なされた改革は中国をさらに強くしている

- May 13, 2019-

40年が経ち、中国はもはや同じではなくなりました それが経済的社会的改革のその時代を始めて以来、事実、中国は第二の世界大国となった。 しかし、それだけでは十分ではありません。中国は依然として、質の高い経済成長のために活力を注いでいます。

この40年とその変化の兆しは、11月に上海で開催された最初の中国国際輸入博覧会(CIIE)です。 「新時代、未来を共有する」というテーマで、このイベントは全世界の注目を集めました。 これは、世界初の国内輸入をテーマにした展示会であり、国際貿易の歴史における先駆的なイベントです。 このイベントはまた、中国が自由で開かれた貿易を支援するという決意を変えることは決してなく、世界に向けて市場を開放するためのイニシアチブをとることを改めて表明する機会でもありました。

日中には、合計172の国、地域、国際機関、および3,600社以上の企業が参加しました。 40万人以上の国内外のバイヤーがイベントに参加しました

中国からの更なる兆候? 中国は7月に輸入車と消費財の価格を引き下げ、 11月には石や電気機械装置を含む合計1,585の課税対象の中から最も好まれる国の関税をさらに引き下げた。 さらに、国は自由貿易地域の建設をより高いレベルに引き上げました。 10月に、彼は海南を試験的自由貿易地域として創設する計画を開始しました。

自由貿易地域は中国では比較的目新しいもので、好調に推移しています。 最初の3四半期では、中国の自由貿易地域の総輸出入は2.4兆元に達し、前年同期比で14.03%増加しました。

外国人投資家や個人へ開放も基本です。 例えば、国家発展改革委員会は、5年間で自動車合弁事業における外資系企業の屋根を撤廃することを明確に約束しています。

2016年と2017年の新経済牽引要因の成長率の指標は、それぞれ156.7と210.1で、前年比26.9と34.1%上昇した。

さらに、 2018年はベルト・アンド・ロード・イニシアチブ(BRI)提案の5周年を迎えます。 6月には、中国はその過程で各国の経済および商業分野に合計289億ドルを投資し、244,000の現地雇用を創出しました。

5年間の成功は、BISがグローバルガバナンスシステムの改革の基本要件を満たし、改革を改善するための新しい方法を提供することを示しています。