世界会議は人間科学を元通りにすることを目指します

- May 11, 2019-

世界的な金融の不安定化、人文科学の疎外化、および国際的な知的生産と協力における非西欧学者の過小評価に対応して、人文科学の修復と再建を目的とした世界会議が最近開催されました。

テーマ「過渡期の惑星への挑戦と責任」のもと、8月6日から12日までベルギー東部の街リエージュで世界人類会議(WHC)が開催されました。 ユネスコ、国際哲学および人間科学評議会(CIPSH)、世界人文学会議 - リエージュ2017財団が共催しました。

この1週間のイベントには、科学、政治、芸術、そしてコミュニケーションの分野からだけでなく、国際、政府、そして非政府組織の代表から約1,800人の参加者が集まりました。

開会式での演説の中で、チャオゲジン、中国社会科学院の民族文学研究所の所長、CIPSHの会長は、教員不足、入学者数の減少、入学者数の減少、資金が削減されます。 道具的合理性の乱用と人道主義的な精神の欠如は、今日世界で一般的に見られることができる、と彼は言った。

「科学と技術の進歩は、過去とはかなり異なる知識の創出、普及、応用の展望を生み出したので、私たちは本当に喜んでいます」とChaoは言いました。 「ビッグデータ、大容量記憶装置、そして簡単な検索は、新しい学問的側面と成長点をもたらしました。」

チャオは、自然科学が人文科学および社会科学に与える影響は拡大しているが、自然科学者は物理世界の法則を探求するときに哲学から離れることはできないと述べた。 彼は、自然科学と社会科学の間の協力と相互支援が間違いなく長期的な人間改善プロジェクトに役立つことを期待しています。

WHCのAdamaSamassékou会長は、最近の環境、エネルギー、人口統計、デジタルの課題が、既存の不平等と貧困とともに、実存的な不安に対する広範な感覚と将来への信頼の欠如を強調していることを指摘しました。

今日最も普及している「開発モデル」は、利益を「持つ」という文化に基づいており、すでに限界を示していると付け加え、現在の危機はそれが現在破産していることを裏付けています。

Samassékou氏は、「西洋モデル」は、モノと知的生産の両面で、国際関係で見られるユーロ中心主義と西欧中心主義に責任があると述べた。 その結果、「存在」という文化とより調和した価値の促進へのパラダイムシフトが不可欠になった、と彼は付け加えた。

これらの考察に基づいて、サマセコウは新しい概念「人間性」を模索することを提案しました。

「人間性は、他者に対する私たちの永続的な開放性、人間としての人間としての私たちの関係です」と彼は説明しました。 「それは、計算から解放された、連帯の恒久的な関係 - 他者を歓迎する自発的な衝動 - を必要とする。この人間性が「人間を人間に結び付けることを可能にする」と強調した。

この文脈では、現代社会における人文科学の役割を再考することが不可欠になる、とサマセクは述べた。 それは、それぞれの文化に固有の特異性と資源の両方を考慮に入れ、それらを賢く評価すること、そして交換、対話とそれらの間の相互の豊かさの可能性を考慮に入れる必要があると付け加えた。