国家は貧困緩和の成果を求めて

- May 11, 2019-

10月17日は、中国で4回目の貧困緩和日と25回目の貧困撲滅国際デーを迎えました。 最近の国際通貨基金と世界銀行の年次総会で、世界銀行の首脳は、貧困削減のための世界的な努力に対する中国の貢献を賞賛した。

銀行長のジム・ヨンキム(Kim Jim Yong Kim)は次のように述べています。 同国の経済システムの進化と世界市場の受け入れにより、中国は1990年以降、8億人以上の人々を貧困から解放したと彼は述べた。

世界銀行が貧困撲滅の世界的な取り組みに大きく貢献したことで、中国は世界の極度の貧困人口を40パーセントから10パーセント未満に減らすのに役立ちました、とキムは言いました貧困。

中国の貧困削減年次報告書(2016)によると、中国は1981年から2012年までの世界の貧困削減総額の71.82%を占めている。中国の貢献により、人間開発指数は予定より2年以上早く2014年のレベルに達した。

特に第18回CPC全国大会以来、州統治アジェンダにおいて貧困削減が優先されてきました。 国連のミレニアム開発目標(MDGs)レポート2015によると、東アジアの極度の貧困率は、中国の進歩の結果、1990年の61パーセントから2015年にはわずか4パーセントに低下しました。

過去5年間で、合計5,564万人の人々が貧困から脱却しました。 言い換えれば、誰かが3秒ごとに貧困のしきい値を超えています。

中央および州政府は年々資金を増やし、2016年に初めて貧困緩和のために1000億元以上を割り当てました。

その一方で、貧困状況の明確な像を念頭に置いて、政府は目標を絞った貧困緩和政策を提案した。 最も貧しい西部地域は東部地域からの援助で貧困との闘いで勢いを増しました。

中央政府と党の合計320のユニットが、全国の貧困削減ネットワークを形成するために、2万以上の民間企業と貧しい村を含むそれらのペアのユニットを持ち上げるのを手伝う責任を負った。

知識をより効果的に共有し、世界規模での貧困撲滅に貢献するために、中国当局は貧困削減事例を紹介し、国内外での貧困対策プログラムにおける国の経験を強調したオンラインデータベースを立ち上げました。

中国の国連食糧農業機関(FAO)の代表であるヴィンセント・マーティン氏は、このデータベースは、中国や他の国々が生み出した貴重な貧困削減政策や知識を共有し、それによってMDGsの実現を促進するための重要なステップであると述べた。

さらに、中国はFAOと協力しており、貧困撲滅を重要な協力戦略の一つと考えています。 2017年6月、双方は貧困撲滅を目標の1つとして、2016年から2020年の間にCountry Programming Framework(CPF)に署名しました。

CPFは、共同協力のための4つの優先分野を設定しました:持続可能な農業生態学的開発の促進、食料安全保障と栄養の改善、公衆衛生の改善、そして地域および国際農業協力における中国の支援。