歯科用プラーク日付未加工食品の消費

- May 11, 2019-

ニューヨーク、イングランド - デカンヘラルドは、ヨーク大学およびバルセロナ大学のAutonnoma de Barcelonaの科学者が、スペイン北部のシマデルエレファンテで回収された歯のプラークを分析したと報告しています。 プラーク中の微化石は、人類の生の組織、未調理の草、マツの種からの花粉、および昆虫をホミニンが食べたことを示唆しています。 研究者たちはまた、つまようじの破片の可能性を発見した。 すべての材料は帯電しておらず、サンプル中にマイクロチャコール、または個人が煙を吸ったという証拠はありませんでした。 これまでのところ、ヨーロッパでの火災の使用に関する最も初期の知られている証拠は80万年前で、スペイン南東部のCueva Negraで発見されました。 イスラエルでも同程度の場所が見つかっており、アフリカでは非常に早い時期に火を使う可能性のある場所が見つかっています。 まとめると、この証拠は、人間の祖先が120万年から80万年前の間に火を使って食べ物を調理し始めたことを示唆しています。 York大学のKaren Hardyは、調理された食物はより多くのエネルギーを提供し、そして脳サイズの進化的な増加を促進したかもしれないと述べました。 この遺跡の日付は、調理されたでんぷん質のある食品を消化するのに必要な酵素である唾液アミラーゼの開発の可能性と一致しています。