アリババとの協力は新小売業だけのものではありません

- May 17, 2019-

Pearl River Beerは、FMCG(Fast Moving Consumer Goods)企業です。 現在、同社の年間生産能力は220万トンで、時価総額は100億元を超えています。 これは中国でトップ10の醸造所の一つであり、南部で大きな人気を誇る中国のトップ100ブランドの中で全国的にランクされています。

近年、伝統的な中国企業は加速し、変革し、アップグレードしています。ParlRiver Beerも例外ではありません。 しかし伝統的な産業として、ビール醸造はインターネット販売への良い参入点を見つけるのに苦労しています。 このハードルを克服するために、Pearl River BeerとAlibabaは2017クラウド会議で戦略的協力契約を結んだ。

消費者はそれがビールを購入することになると即座の満足を期待しており、そしてインターネットでの注文はしばしばより多くの時間がかかる。 このため、伝統的な電子商取引プラットフォームでのビールの販売はあまり良くありませんでした。

この問題を解決するために、同社は昨年O2Oプラットフォームを確立しました。これはビールの各ボトルに固有のQRコードを付与するものです。 消費者が電話でボトルのQRコードをスキャンすると、Pearl River Beerは消費時間と場所に関するデータを収集し、消費者に個人的なカスタマイズされたサービスを提供することができます。

このプラットフォームは、Alibabaの新しい小売戦略の背後にある同じ概念と技術に基づいています。 Pearl River Beerの役員は、デジタルで更新および再構築された消費情報に基づいて調整や決定を行うことができます。 Alibabaの助けを借りて、同社は従来のマーケティングから新しい小売へと変貌し、パーソナライズされたエクスペリエンスに対する消費者の高まる需要に応えました。

Alibabaは物流供給を改善するために車両経路を最適化します。 さらに、より良い在庫予測を作成することができ、ビッグデータを使用して入庫商品の数量と頻度を予測することができます。

近い将来、ビールを飲みたいと思っているときには、地元のスーパーマーケットが常に好みのスタイルとブランドを持っていることでしょう。