上海、中国国際輸入展が11月に始まります

- May 17, 2019-

11月5日に上海で開かれ、6日間続く、中国国際輸入エキスポ(CIIE)の初版のための最後の準備が進行中です。 これまで、人民日報で報告されているように、165の国と地域が197の部門を指定して、イベントへの企業の参加を調整しています。

CIIEへの参加要求は順調に進んでいます。 実際、これまでに、Fortune Global 500や120以上の国や地域の産業界のリーダーを含む1,000社を超える企業がこのイベントへの参加を確認しています。

中国政府が外資に開放するという決定を裏付けるCIIEは、「世界初の全国輸入関連の出来事である」と、商務省のアジア問題局副局長、Yang Weiqunは述べた。

特に最も遠い外国からの大きな参加と熱意。 イベント中に近隣の日本が日本の企業や機関のために1万平方メートルの展示スペースを確保するよう要求していたとしても、ヨーロッパからの刺激的な言葉は欠けていません。

Theresa May英国首相は、彼女の国がこのイベントに出席できることを非常に誇りにしていると述べ、ウクライナ政府は、それが最初のCIIEに参加し、ショーに全国スタンドを開くことを確認しました。 イベントは、実際には、ウクライナの企業が自社製品を実証し、完全に促進するための良い機会になります。

シンガポール政府によって任命された唯一の主催者であるシンガポールビジネス連合は、中国市場でシンガポール製品を宣伝する目的で、少なくとも100社をイベントに採用することを計画しています。

要約すると、ドイツ、イギリス、アメリカ、オーストラリア、ベルギー、日本および他の国や地域の企業が人工知能、モノのインターネット、省エネルギー、環境保護、エコロジーなどの分野で最新の技術や製品を紹介します。 3Dプリントと新エネルギー機器