中国、2018年初頭からの不動産投資で+ 7.9%

- May 17, 2019-

2018年の不動産投資は、中国で年間+ 7.9で始まりました。 この数字は、2017年の同じ期間に得られた7.2%に関連して、この年の最初の2ヶ月間は確かに奨励されています。 。 (約7000億ドル)。

国家統計局のスポークスマンである毛沢東は、固定資産への投資は着実な成長を続けており、特に投資構造は2018年の最初の月以来改善していると述べた。

具体的には、民間投資が8.1%(2.7兆元)増加し、単独でこれらの投資の売上高の60%以上を占めていることが注目された。

農業部門は、最初の2ヶ月間で、2017年と比較して16ポイント増加し、+ 27.8%を記録しました。一方、産業部門への投資は2.4%増加しました。 サービス部門も良好で、説得力のある+ 10.2%です。

ハイテク生産に関しては、これが最良の投資構造であることが確認され、総投資の伸びと比較して+ 3.4%で落ち着いています。 問題の計算は、覚えておくとよいでしょう、農業レベルでの投資は含みません。

最後に、データによると、不動産開発への投資は最初の2ヶ月間で前年比9.9%増加しましたが、2017年は7%でした。