レポートは77のUnicornsおよび$ 1.42兆インターネットビジネス価値を示す

- May 17, 2019-

1月31日の番組でChina Internet Network Information Centerが発表したレポートを見ると、問題は、中国のインターネット評価が高まっているかどうかということではなく、どれほどの速さかということです。 レポートによると、中国のインターネット会社は、公共インターネット会社の累積額が1.42兆ドルに達するなど、いくつかの印象的な要素を詰め込んでいます。

レポートによると、上場企業数の増加は昨年12%増加し、102となっています。Baidu、Alibaba、Tencentが上位3つのスポットを占め、市場全体の73.9%を占めています。個別評価額5000億元、2.9兆元、3.1兆元。

2017年12月現在、「ユニコーン」と呼ばれる77社、または10億ドルを超える民間企業がありました。 これらのユニコーン企業77社のうち、30%が電子商取引またはインターネットファイナンス事業でした。これはおそらく驚くべきことではありません。

102社のうち46社が国内証券取引所に上場し、41社がアメリカの証券取引所に上場しており、時価総額の54.8%を占めており、15社が香港に上場しています。 同報告書はまた、一部の企業が民営化を行い国内市場に戻ることを決定したことを裏付けている。 一方、中国の証券市場におけるソフトウェア業界の株価収益率が高いため、他の国々は海外に留まるでしょう。

レポートによると、オンラインゲーム会社は上場企業の28.4%を占め、電子商取引、文化およびメディア、インターネット金融、ソフトウェア企業はそれぞれ14.7%、10、8%、9.8%、および5.9%を占めています。

一流都市は依然としてインターネットビジネスにとって最も魅力的な目的地ですが、人的資源の恩恵、産業開発および投資は、革新と資本市場の改善により、北京、上海、深圳、広州以外の地域に他の企業を誘致することになります。