スマートフォンメーカーのXiaomiがIPOの前にフィリピンに参入

- May 17, 2019-

北京を拠点とするスマートフォンメーカーのXiaomiは、海外市場に参入しています - そして、大きな成功を収めています。 同社は今年後半に噂されているIPOに先立ち、競争に先んじて優位に立とうとしている。

中国のスマートフォンメーカーにとって競争は激しい。 Xiaomi、Huawei、Oppo-Vivo、Appleの4社が中国を独占しており、 市場全体のシェアは91%です。 Xiaomiは12.4%の市場シェアでスマートフォンの売上高で4番目にランクされ、そしてHuawei社はナンバーワンです。

今週、Xiaomiは現地代理店Grimalkin Corporationと共同で、フィリピンで最初のオフライン小売店をオープンしました。 Xiaomiの創設者兼CEOであるLei JunのWeiboアカウントへの投稿によると、この打ち上げは2,000人以上の人々を魅了しました。

2017年初め、Xiaomiはインドのサムスンを6年ぶりにトップの座に置いた後、携帯電話の売り上げで勝った。 Xiaomiは2017年第1四半期に820万台を出荷し、Samsungの730万を上回りました。 昨年、タイに小売店をオープンし、先月ベトナムのオフラインの場所でフォローアップしました。

9月に、Xiaomiは香港でのIPOを計画しています。 情報源によると、これは2018年の最大の技術リストの一つになるかもしれません。

2014年と2015年にそれが中国でナンバーワンだったが、この世界的な推進力は近年のXiaomiのトップからの落下の後に来ます。 IDCによると、スマートフォンの出荷台数が75.5%増の9,240万台に達した後、同社は世界トップ5に戻った。

会社の記録によると、CEOのLei JunはXiaomiが海外進出を推し進めながら2.5年以内に中国でトップの座を獲得することを誓ったと従業員に語った。