中国、チーターモバイルがGreetbotをローンチ:低コストロボット

- May 17, 2019-

今日の日々を整理して生活を簡素化する、より高度な知能のロボットは、今のところSF映画でしか見られていません。 もちろん、いくつかのプロトタイプが作成されて期待を満たしていますが、管理と購入のコストが確かにそのような機械が全能力で人命入るのを妨げる障害となっています。

それでも、チーターモバイル社はこれを正確に目指しています。 ロボットを私たちの日常生活に統合し、その価格を下げることです。 1ヶ月3,000元弱(475ドル)で、消費者は知能ロボットを雇うことができ、そして18か月後には約54,000元でそれを買うことができる。 現在提案されているものより確かに安い価格。

Greetbot 、これは北京で開催された公式プレゼンテーションの間にロボットの名前です、企業によって何よりも悪用される可能性があるすべての資質を示しています:オフィスが空になると消灯建物に入る人たちを歓迎します。

ロボット産業は、人口の高齢化も一因として、国内で拡大しています。

Greetbotの発表は、Cheetah Mobile Incによる、 急成長している分野に参入するという明確な意図を表しています 中国は産業用ロボットの世界最大の市場であり、 人口高齢化により医療、健康、教育、娯楽の各分野でサービスロボットの需要が高まっています。

チーターモバイルの社長兼CEOであるFu Shengは 、競争が激化しているにもかかわらず、ロボット業界にはまだ多くのチャンスがあると語った。

北京に本拠を置くYizhuangスマートロボティクス産業研究所の副所長、Guo Xuan氏は、この動きが中国でロボットを販売するための新しい方法を生み出す可能性があると述べた。 ただし、製品自体の品質を保証するための努力が必要です。