中国では、インフレ率が低下し、一部のセクターの利益が低下する

- May 17, 2019-

15か月前のデータを現在のデータと比較すると、中国の製造物価上昇率がどのように減速したかがわかります。 この減速はおそらく、原材料のコストがより緩やかなペースで上昇しているという事実によるものであり、これは産業部門における利益の潜在的な軟化を示している。

しかしながら、問題のデータはまだ確実に専門家によって分析されていません。 最近祝われた、旧正月のお祝いは、実際には、市場と価格をゆがめる傾向があります。 中国の経済の健全性をより明確に把握するには、投資家は4月まで待たなくてはならず、最初の四半期のデータが発表されるでしょう。

現在、国家統計局によると、2月の生産者物価指数は、1月の4.3%に対し、前年同期比で3.7%上昇した。

鉱山労働者、鉄鋼メーカー、製造業については、中国のファクトリーゲート・インフレ率が4ヶ月連続で軟化していることからもわかるように、利益は緩やかになると予想される。 そしてこれは中国にとって問題となる可能性があります。

実際、この国の「煙突」産業は、サービスを提供して借金を返済するためのキャッシュフローが少なくなり、これらの産業は国営の巨人によって支配されているため、これも中国の政治問題です。

より明確にするために、2月の消費者物価指数は2.5%上昇し、1月の1.9%を上回った。

統計局のSheng Guoqingは、次のように述べています。「CPIの前年比の増加は、休日の影響が後退するにつれて3月に緩和すると予想される」。

中国は、昨年に沿って2018年の消費者物価上昇率の目標を「約3%」と発表しましたが、ほとんどのアナリストは小売インフレ率がその水準に達することを期待していません。 生産者のインフレ率は今後数ヶ月間も緩やかになると予想