中国:環境保護のための最初の税

- May 16, 2019-

2016年に可決され、2018年に施行された法律のおかげで、中国政府は、「 環境税 」を通じた大企業の汚染防止を図っています。 環境税の中国初の領収書は、世界最大の化学会社であるBASF SEが所有する上海の新しい化学物質製造業者に届けられました。

心強いことに、この会社は汚染物質の排出を標準に達するまでに600元の税控除を受けまし 他の大企業が上海の会社の例に従うならば、それは汚染と闘うための強い刺激となるでしょう。

環境保護のための中国政府の法律は、エコシステムに有害な汚染物質を排出するという企業の無謀な動きを抑制し、設備をよりきれいなレベルにオーバーホールすることを目的としています。 この目標を達成するために、税金は最初、大気や水質汚染、固形廃棄物、騒音に適用され、排出量レベルを正確に決定するために必要な技術的な装置が必要です。

地域によっては、環境税には独自の特定の税法があります。 たとえば、 河北省山西省などの北部の州では、大気汚染が最大の環境問題となっているため、処理方法が異なります。 どれだけの汚染値が「等価」と呼ばれているかを計算する方法で、それぞれの等価に対して、これら2つの地域は12元を支払います。

化学工場が密集している地域は、1当量あたり14元という最高の課税レベルになります。

環境保護のための中国の戦略は、世界の他の地域で取られている行動にも注目しています 例えば西側諸国は、 オランダが地表水税法案を主導し、 EUが2003年に進行中のグリーンキャンペーンの中で農業景観を保護するための補助制度を導入した1970年代という早い時期に、プラントに対するグリーン規制を始めた。