JPモルガン、中国での採用、技術支出を拡大

- May 15, 2019-

アメリカの投資銀行JPモルガンは、香港を拠点とするハイテク労働力を、中国の証券ベンチャーの立ち上げを予定している計画よりも20%増加させると発表した。

サウスチャイナポストによると、銀行はAI、モバイル、ビッグデータ、機械学習のスキルを持ち、STEM科目として知られる科学、技術、工学、数学を専門とする最近の中国の卒業生を募集しています。 JPモルガンの最高情報責任者であるLori Beerは、銀行がAIが金融スペースを改善し、その問題のいくつかを解決することができると銀行は信じていると地元のアウトレットに語った。

JPモルガンは現在、パスカルファン教授と香港科学技術大学の人工知能研究センターと提携しています。

「中国はJPモルガンの成長を牽引するための非常に重要な市場です」とビアはサウスチャイナモーニングポストに語った。

チームの拡大を見越して、JPモルガンは、香港の九龍湾にある完成予定のThe The Quaysideに225,000平方フィートのオフィススペースを賃貸しています。 2019年に完成予定の同事務所は、同行の技術チームの大半を収容すると伝えられている。

「中国はJPモルガンの成長を牽引するための非常に重要な市場です」とビアはサウスチャイナモーニングポストに語った。

JP Morganの最高情報責任者、Lori Beer氏によると、同銀行は、香港を中心に、中国への投資のために、現在は108億ドルの技術予算を増額する予定です。

5月、JPモルガンは中国の規制当局に新たな陸上証券事業の設立を申請し、その中に51%の出資を予定しています。 サウスチャイナモーニングポスト紙によると、これまで西部の銀行は中国での合弁会社の最大49%しか所有できなかったという。

銀行がまだ規制当局の承認を待っている間、中国の増加がその金融部門を外国の利益に開放するので、緑色の光の可能性はこれまで以上にありそうに思われます。

2016年にJPモルガンは33%の出資をしていた中国で同様のベンチャーを設立しようとした最初の試みをやめた。