ニュース速報:香港がクロスボーダー物流の新たな規制を発表

- May 15, 2019-

ボリビアの税関当局がサンタクルス港 (SRZ)を通過する輸入品の検査を義務付けているため、 DHLの書類以外の貨物は通関手続きの遅延の対象となります。

すべての入庫品の半分は物理的検査の対象となります。 商品数の増加と税関職員の不足により、SRZ GTWの発注は30日以上遅れることが予想されます。 SRZ GTWの受注残には700を超える非文書商品があります。

磁界強度が0.159 A / mを超える場合 (0.002ガウス)、出荷することはできません。

DHLは現在、SRZバックログのさらなる悪化を避けるために、非公式の非文書出荷をLPB GTWに転送しています。 LPBによる配達はSRZで+ 1日配達時間になります。

ボリビアの通関手続きの遅延を避けるために、ここにヒントとガイドラインがあります。

  1. 元のコマーシャルインボイスのみを受け付けます。

  2. プロフォーマインボイスは禁止されています。 請求書には、商品のブランドや種類、商品が新規または使用済みかどうかなど、ケースバイケースで詳細な説明が必要です。

  3. 複数の商品がある商品は、原産国のパッキングリストが必要です。

プロのヒントFedEx HK経由で出荷されるすべての磁気貨物には、請求書に磁界強度が表示されているものとします。 磁界強度が0.159 A / mを超える場合 (0.002ガウス)、出荷することはできません