中国は自由貿易に関するドナルド・トランプに対応

- May 15, 2019-

中国とアメリカの間の言葉の交換は続いています。 事実、最近では、 中国政府は 、自由貿易システムが長期にわたって継続することを期待して、世界貿易機関に対してなされた約束を「忠実に」尊重したと述べたホワイトペーパーを発表しました。

この書簡は、 米国の国務長官マイク・ポンピオが北京の経済開放とグローバリゼーションに関するレトリックを「冗談」と呼んだ後に出されました。 ワシントンが中国をお気に入りと見ているシステムへの信頼を失っているときにも、宣言はまた落ちます。

州内閣は、このトピックの概要を27ページの 「中国と世界貿易機関」という4 冊の本でまとめました 。「中国はそのWTO加盟約束を忠実に果たしました」。 「中国は多国間貿易体制をしっかりと支持している」。 「WTO加盟後の中国の世界への大きな貢献」 そして「中国はより高い水準への開放を積極的に進めている」。

ドナルド・トランプ氏は、彼の意見では、米国に対して行われた「不正」について繰り返しツイートしています。

しかし、中国国務院評議会は本の中でドナルド・トランプ米大統領について言及していない。 それにもかかわらず、ドナルドトランプの声明は常にアジアの国を対象としています。

例えば4月に、 トランプは次のようにツイートしました 。「中国は経済大国であり、世界貿易機関の中で発展途上国と見なされています。 それゆえ彼らは、特に米国を超えて、途方もない利益と利点を得ます。 誰もがこれは公正だと思いますか。 我々はひどく代表された。 WTOは米国に不公平です。」

商務副大臣であり、米国との商談に関与している中国チームの主要メンバーであるWang Shouwenは、 トランプ氏に対し、「WTOのメンバーは誰も参入による損失を被ったことはない」と述べた。 2001年に「組織内の中国の

中国の自動車の関税もトランプを悩ませています。 別の4月のつぶやきで、米国の大統領は言いました:「自動車が中国から米国に送られるとき、2.5パーセントの支払われるべき関税があります。 アメリカから中国に車が送られるときには、25%の料金がかかります。 それは自由貿易または公正貿易のように聞こえますか。 いいえ、それはSTUPID TRADEのように聞こえます - 何年も続いています!」

中国は米国の攻撃に直面するために欧州連合との交渉を開く準備ができています

間もなく、中国は 、外国投資家に開放されている業界が特定され、どのセクターが外国投資家に理想的に適しているかについての新しい「ネガティブリスト」を発表することが期待されています。 新たなリストの中で、中国はエネルギー、資源、インフラ、輸送、専門サービスなどの分野における外国人の所有制限を見直すでしょう。

国はまた、欧州連合との別の貿易紛争で立ち往生している米国に対して共通の根拠を求めるためにヨーロッパからの支援を求めています。