電池のリサイクル:中国はその管理のためのプラットフォームを立ち上げました

- May 14, 2019-

膨大な量の生産を考えると、 中国での電池のリサイクルは問題になっています この問題を解決するために、中国は新エネルギー自動車(NEV)のバッテリー用の統合トレーサビリティ管理プラットフォームを立ち上げました。

統計によると、中国は現在210万を超えるNEVを生産しており、専門家によると、 このプロジェクトは中国における多数の電池のリサイクル促進に役立つとのことです。

中国は世界最大の新エネルギー自動車用バッテリー(NEV)の製造・消費国です。

この必要性はまた、不適切な電池廃棄が環境を損なうだけでなく潜在的な安全上の危険性であるという事実からも生じる。 中国の産業情報技術省(MIIT)の副大臣であるXin Guobinは、トレーサビリティ管理を実施することがこれらの電池のリサイクルを達成するための主要な手段であると述べた。

パイロットプロジェクトに選ばれた省は北京、天津、山西省、上海、広東省です。

このプロジェクトのもう一つの重要な特徴は、プラットフォームがリサイクルプロセスにおけるユーザーの責任を確認するのにも役立つという事実です。

同省はまた、電池のトレーサビリティ管理に関する暫定規定を発表し 、Xinは同省が電池のリサイクルを促進するためのさらなる支援措置をとることを明らかにした。