中国、10月の自動車市場クラッシュ

- May 13, 2019-

中国の自動車市場、そして特に私用の自動車市場は、10月にあまり上手く行かなかった。 データによると、実際には、中国での自動車販売台数は9月に比べ0.66%減、昨年の同月に比べ12.99%減の 10月の205万台に達した。

データは中国自動車工業会によって発表され、データによると、2018年の最初の10ヶ月間の総売上高は、前年同期比1.02%減の19.3百万台となった。

自動車販売台数が1.55%増加したスポーツ部門で成長が記録された

当期中、 クロスオーバー多目的車は19.05%という最大の不振を記録し、販売台数は367,400台となり、続いて多目的車の販売が14.14%減少した。

しかし、すべての車種で売上が減少したわけではありません。 実際、 スポーツカーは年間1.55%の増加を見せ、約811万台のスポーツカーが販売されました。 自動車の販売台数は、概して0.04%減の942万台となった。

乗用車全体の約809万台または41.91%が中国国内ブランドであり 、一方ドイツおよび日本の自動車がそれぞれ販売台数の21.63%および18.61%を占めています。