中国、国営企業、2018年の最初の7ヶ月間で利益を拡大

- May 14, 2019-

中国の国家当局は、国の中央当局によって管理されている企業である中国の国営企業(SOE)が今年の最初の7ヶ月間で利益が増加したと報告し

現在までに、中国には合計96の中央SOEがあります。 数は確かに重要ですが、2003年の196年に比べて急激に減少しています。 データに影響を与える、確かに、中央政府の選択 実際、後者は、効率性と競争力を向上させるために、中央SOEのスキームを再構築しました。

事業収益は、今年の最初の7ヶ月で16兆元に達しました

2018年のデータによると、96社は1月から7月までの期間で1年5兆5000億元(約1 528億ドル)の総利益を記録し、年間で23.9%の増加となった これは州監督管理委員会(SASAC)からの報告によって確認されています。

当局によって管理されている会社からの収益は、今年の最初の7ヶ月で16兆元に達し、前年同期比 10.6%増でした。

96社は、その間、問題となっている7か月間でより効率的になり、コスト負担は年ベースで9.9%増加しました。 SASACの報告書によると、収入より0.7パーセントポイント低い。