中国、第3四半期の産業設備稼働率の低下

- May 14, 2019-

2018年第3四半期の中国の工業設備稼働率は 76.5% とやや低下しました 実際、この数字は、全国統計局(NBS)が発行したメモで確認されているように、前年度の76.8%をやや下回っています。

しかし、2018年の最初の9ヶ月間では、76.6%という数字を考えると、稼働率は2018年の同じ期間と比較して安定していました

数字の詳細を入力すると、今年の第3四半期に記録された減少は、通常よりも遅い経済成長とともに、工業製品の成長の鈍化と一致していました

第3四半期は成長を抑制しますが、この数字は政府の年間目標を超えています

NBSがまとめたデータによれば、2018年9月に中国の付加価値鉱工業生産が5.8%増加した。これは通年で最も遅いペースを示した

第3四半期の困難は、 この時期に中国経済が6.5%成長したと考えるときにも明らかです。 第1四半期は6.8%、第2四半期は6.7%と比較して目に見えて減少しています。 それにもかかわらず、最初の3四半期の成長率は6.7%となり、政府の年間目標である6.5%を0.2%上回りました。