中国、労働者数は安定している

- May 14, 2019-

最近発表されたいくつかの公式データによると、中国の雇用市場は2018年の最初の3四半期で安定しています。 原因は、さまざまな要因の中で、減少し続けている都市の失業率に求められなければなりません。 示された期間に。 これらすべてが新興産業を国内最大の雇用主にしました。

1月から9月の間に、 約1170万人の新規雇用が創出され、前年同期比で10万人増加しました これを確認するのは、人的資源社会保障省のスポークスマン、Lu Aihongです。

Luは、「 大学の卒業生や農村の移住労働者と相関して、雇用は安定している」と付け加え、「1年前には通年の目標を達成しました」と述べました。

Lu Aihongは、堅調な雇用創出が新しい経済的原動力のブームに起因すると考えています

都市部で記録された失業率に関しては、9月末3.82%に達した。 3か月前の3.83%と比較して、ダウン。

L u Aihongは、堅調な雇用創出が新たな経済的原動力のブームに起因しており 、それが2/3の新規雇用の創出に寄与した。 「最初の3四半期に500万件以上の新規事業が登録され、毎日18,000件を超えました…安定した雇用を大きく支えています」と彼は述べました。

最後に、Luは労働市場からの圧力は国内外での不確実性の高まりによってもたらされるものではないと認めたが、安定した経済と強力なイノベーションと起業家精神によって安定は続くと強調した