マレーシア、中国の地域積み替えセンターになりたい

- May 13, 2019-

マレーシアの経済と南アジアにおけるその役割を変える可能性がある目標。 マレーシアの運輸大臣Anthony Loke Siew Fookは、マレーシアが東南アジア諸国連合(ASEAN)のための中国の積替えセンターになろうとしていると言って、ターゲットを説明しました。

国際フォーラムで説明されたこの申請の理由は、 南シナ海 とマラッカ海峡 に面している多数の港と、イニシアチブベルトと道路へのマレーシアのコミットメントがあるマレーシアの地域における戦略的地位です。

同盟は2015年に設立され、12の中国港と9のマレーシア港で構成されています。

しかし、マレーシアが求める中国との関係は最近のものではありません。 古代シルクロード時代のマレーシア、特にマラッカでの中国の歴史的存在は 、確かに、両国間の「港湾同盟」ネットワークの確立を刺激した。

Loke氏は次のように述べています。「古代シルクロード時代のマレーシア、特にマラッカでの中国の歴史的な存在は、両国間の「ポートアライアンス」ネットワークの確立を促しました マレーシアの港湾容量を拡大するために、この提携がさらに最適化されることを私は強く望んでいます。」

中国とマレーシアの関係には、能力開発とスキル共有が含まれます。

Loke氏は、今後の例として、マレーシアと中国が共同開発した最初の工業団地であるマレーシア - 中国クアンタン工業団地 (MCKIP)を挙げました。
「ベルトと道路イニシアチブに沿って、マレーシアと中国も共同で2つの工業団地を設立しました。1つはクアンタンマレーシア、もう1つは広西チワン族自治区の秦州市です。」

「マレーシアと中国の間の貿易と投資の流れを最適化するために、 クアンタン港はMCKIPの投資家に 、姉妹である中国の秦州港への最短ルートをわずか3〜4日で提供します」と述べました。