ヨーロッパ中心のパラダイムに対する学者の声の反対

- May 11, 2019-

資本主義の発展の文脈で経済史と西と東の関係をさらに調べることによって、2人のデンマークの学者がユーロセントリズムに挑戦した。

ユーロセントリズムの一つの議論は、世界の他の国々はヨーロッパから学び、ヨーロッパの開発方法を採用することしかできないということです。 しかし、月刊レビューで発表された論文の中で、デンマークのAalborg大学の政治科学准教授であるJohannes Dragsbaek SchmidtとAalborg大学の国際開発研究の名誉教授であるJacques Hershは、多くの人がヨーロッパでの経験

ユーロセントリズムは、このプロセスを「ヨーロッパの奇跡」として説明した。シュミットとハーシュは、最近の研究がそれを示していたことを主張した。 「アメリカの発見」、アジアの文明(主に中国とインド)はヨーロッパに遅れをとっていませんでした。 産業革命以前は、ヨーロッパはアジア製品に対する大きな需要がありましたが、ヨーロッパ製品がアジアで市場を開拓することは非常に困難でした。

ユーロセントリズムは「ヨーロッパの奇跡」はヨーロッパ内の理由、制度、起業家精神、技術などの内因性の要因によってなされたと主張しているが、世界の他の国々とのつながりはアジアが果たした西ヨーロッパの台頭に貢献したと主張する学者もいる重要な役割です。 そのような学者には、シカゴ大学の歴史学教授であるKenneth Pomeranz、カリフォルニア大学ロサンゼルス校の歴史学特別教授であるAndre Gunder Frank、開発経済学と社会科学の名誉教授であるAndre Gunder Frankがあります。アムステルダム大学にて。

Pomeranzは、外的要因がなければ、ヨーロッパの発明の社会経済的影響は、18世紀の中国とインドにおける限界的な技術進歩の継続よりも革命的ではあり得ないと主張した。

フランクは真にグローバルな観点からヨーロッパを超えた世界の歴史を研究することを主張しました。 中国社会科学アカデミーのマルクス主義アカデミーの準研究員であるLiu Haixiaは、そのような観点がユーロセントリズムを排除するのに役立つと述べた。 地球規模の歴史の観点と高さから、東洋と西洋の歴史の共通点と相違点の比較研究は、人類の歴史全体の増減を調べるのに役立ちます。

シュミットとハーシュは、アジアが台頭する中で西欧が支配する資本主義世界システムが衰退するにつれて、「歴史的資本主義」を「ヨーロッパの奇跡」の産物とみなす従来の知恵の分解を要求すると述べた。西洋資本主義の軌跡に関するこの覇権論説はまだ初期段階にあり、過去数十年にわたるアジアの挑戦の進化と共に発見的な妥当性を取り戻しました。

アジア開発銀行のアジア開発展望2017によると、アジアの発展途上国経済は世界経済の成長に60パーセントを貢献し、中国だけがそれに30パーセント以上を貢献しました。

劉氏は、アジアの台頭は「中央周辺」システムの持続不可能性を証明し、ユーロセントリズムの「インパクト - レスポンス」モデルを解消すると述べ、アジア諸国は内発的動機を欠いており、その発展は主に西。

中国の特徴を持つ社会主義の道筋の探求とアジアの台頭は、歴史的研究は、規則性と多様性を研究する科学的方法ではないので、特定の社会または地域の特徴の基準だけでは決定できないことを十分に証明した。社会開発の、Liuは言った。